MENU

フェイシャルエステのイオン導入とは


フェイシャルエステのイオン導入とは、微弱な電流を肌に流すことで肌のバリアゾーンを通過させ、有効成分を電気的な反発により皮膚深部まで浸透させる方法を指します。
皮膚のバリア機能は健康を保つのに重要な働きをしていますが、一方で美容液などの有効成分の浸透を妨げてしまいます。
イオン導入は有効成分をイオン化することにより、成分を奥深くまで浸透させる方法でバリア機能を一時的に弱めます。
そうすることで肌から体内に栄養成分を浸透させやすくするのです。
器具を使って微弱な電流を流すことで、バリア機能の電流を一時的にとめ、バリア機能を弱めます。
元々肌にはバリア機能が働いていて、コラーゲンやビタミンCなどは分子量が大きいので、普通の手入れでは中々肌にしっかり浸透していきません。
イオン導入は肌にわずかな電流を流すことで、メラニン色素にダイレクトに働きかけることができるのです。
フェイシャルエステのイオン導入では、バリア機能を故意に衰えさせるのですが、粒子の大きなアルロン酸やコラーゲンなどの成分は体内に浸透させることはできません。
そこで粒子の小さい美肌成分であるビタミンC誘導体、アミノ酸、プラセンタ、トラネキサム酸などを使用するのです。